関節リュウマチのはなし

治療院をやっていると色々な症状に出会いますが手足をはじめ全身の関節に激しい痛みや腫れが現れる関節リュウマチは、働き盛りの30代~40代の方に多く見られます。

といっても当院で処置するわけではなく、何だかわからない痛みとして来院されて調べてみるとその疑いが強いので専門の病院に行くように促すだけです。

分からずに放っておくとそのまま進行し関節が破壊されていくので早めの治療が必要なのです。

といっても現在はいい薬が出来ているのでそのまま進行していくことはあまりないので、もし朝起きた時に手足のこわばりがあったり、左右対称に、または数か所同時に痛みや腫れが出た場合は専門医の受診をおすすめします。