交通事故の治療

ライフ鍼灸整骨院では早期の回復を目指した治療を行っています。

traffic01

交通事故直後

事故直後には外見上の怪我がなくても身体は異常を起こしていることがよくあります。目立った外傷がなくても自己判断は禁物です。
必ず病院でレントゲンやMRIなどの検査を受け、骨折や脳の異常がないか診てもらいましょう。

traffic02

急性期 (事故後2日~2週間)

一般的には交通事故にあってから2・3日たって、むち打ち症などの自覚症状が表れてきます。身体の各部の炎症はすぐには表れず、時間が経って酷くなる傾向があるからです。炎症があるときは基本的には身体を安静にしておく事が最良になります。
当院ではハイチャージという電気治療器を使い、外傷用に調節された周波数をもちいて炎症を早期に抑えるように治療を行っていきます。
炎症は周りの筋肉に緊張を起こすのでかばっている筋肉にはトリガーポイントという筋肉の強張りが起きてしまいます。トリガーポイントは関連痛という周りへの痛みをおこすのでしっかりとマッサージを行いポイントを緩めて症状を軽くします。

case02

回復期(2.3週間~1.2ヶ月後)

炎症症状が治まった後は症状の早期回復と一日も早い現場復帰を目指してトリガーポイントの治療と一緒にアクティベータという矯正器具を使い、強い衝撃や痛みの刺激をかばう姿勢により崩れた骨格のバランスを痛みなく調節していきます。

身体の症状がある程度回復に向かい、楽になったのを実感しても勝手な判断で通院をやめてしまうのはやめましょう。
その結果、完治しないまま症状をさらに悪化させてしまい、最終的には症状を慢性化させてしまう方が多いのが実情です。

自賠責保険を利用する事によって、医療機関での窓口負担金0円で受けられます。

traffic_banner